CHAGE&ASKA:020303

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CHAGE&ASKA:020303
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
CHAGE&ASKA:020303うみのめぐみ

「NOT AT ALL」
2002年3月3日(日):NHKホール・17:00
チャゲアスです。今年はホールツアーだというのでオークションでチケット取って行ってきました。
ホールツアー12年ぶりだそうです……。そういや、アリーナ級のコンサートが嫌いになったのって、何年か前に代々木で見たC&Aのコンサートのせいなんだよなあ。
んで、ホールですよホール。やっぱりいいねえ。3階席だったんだけど、オペラグラスを通してみたキンキより大きく見えるよ(どういう比較だ…)。
○親切に置いてあった曲目リストを写してきたぜ
One Day
もうすぐだ
明け方の君
Born the trap
no doubt
砂時計のくびれた場所
ふたりなら
告白
MOONLIGHTBLUSE
鏡が映したふたりでも
夢の飛礫
C-46
SAY YES
パラシュートの部屋で
HOTEL
higher ground
YAH YAH YAH
can do now
NとLの野球帽
ロケットの樹の下で
not at all
フィルムで始まりフィルムで終わる面白い構成。ムービー内容に思わず笑わせられた。コピーロボット欲しい……。
7年とか前のCDから曲やるから、忘れてるかと思ったけど、ちゃんと覚えてたみたいです。(一曲だけシングル買ってなくてわからなかったけどさ。)
帰ってからCD聴き直したら、かなりアレンジされてたのがわかりました。だから一瞬知らない曲かと思ったのね。
私はチャゲさん好きなんで、チャゲさんばかり追いかけてました。チャゲさんの歌声、きれいでとても好きなんです。一緒に行ったムラカメさんは飛鳥さん好きなんで飛鳥さんばっかり追いかけてたみたいです。ふたりともわかりやすいって言うかなんて言うか……。いや、私はちゃんと飛鳥さんメインの時は飛鳥さん見てましたよ? そりゃ、チャゲさんがハモリで入った瞬間にはチャゲさんに視線行ってましたが。
しかし、このふたり今いくつよ? てなことを帰り道で言ってました。たぶん44才? うわああ。チャゲさんってば44でまだなおあのハイトーンボイスなのか……。すげえ。
ところで、コンサート中、手拍子が大きくて歌が聞こえないという瞬間がありました。しっかり覚えてる曲なら想像で聴けるけど、そうじゃないと辛い。手拍子を打ちすぎるのも考えものなんですなあ。(ちなみに私はあんまり手拍子で音出しません。他の方々にお任せします。だって手痛いんだもーん。)
あと、どんなときでもお構いなしに「チャゲ兄(にい)~!」と叫んでいる人がいました。もちっとTPO考えろ?

コンサート|2004年8月9日(月)16:51|C&T(0)

«
»

KinKi Kids:011230

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - KinKi Kids:011230
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
KinKi Kids:011230うみのめぐみ

「みんな元気かい?」
2001年12月30日(日):東京ドーム・17:00
初キンキです。ドームってことでかなーり半信半疑で行ってきました。でかいところ嫌いなんだよー。
結論から言うと、やっぱドームダメだ……。特に今回三塁側スタンドのいっちばん上の辺りだったから本当にダメダメ。
まず人は見えないし、音も届かないの。なんか自分の前で音が止まってる感じ。しかも、天井近くってライトがずっと点いてるのね。すごく醒める。
しかもしかもしかもっ、何が一番最低って、通路挟んだ隣の女がずっと歌ってんの大声で! ウルッセエエエ! たぶんこの女のさえいなければ、今回の感想はもう少しマシになってたんだろうけどねえ。
やっぱアイドルのコンサートってこういうもんですか? 観客。いや、他のコンサートでも(客が声出す場面じゃないのに)歌うアホはいるけどね。コイツは声デカすぎ。バカー! 注意できない自分もバカー!
それと、剛が体調不良のようですごい無口で光一の話が空回りしてたのがなんともはや……。他の日のレポを見るとかなり楽しそうにしゃべってたみたいだったので、この日が特別悪かったようです。なんか38度の熱があるとか言ってたからねえ。しかし、一日しかコンサートに来ない人間としては、なんだか釈然としないデス。
次回に期待、かなあ? つーかせめてアリーナでやってくれ……。
それにしても、200人の極小ライブから一日あけて一気に5万5千人大規模コンサートへ。ギャップありすぎじゃ。
あ、コンサートの内容、なんも触れてないや。遠すぎてイマイチ脳味噌入ってないようで……。ガックシ。

コンサート-J|2004年8月9日(月)16:47|C&T(0)

«
»

中西圭三:011228

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中西圭三:011228
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中西圭三:011228うみのめぐみ

「FAREWELL YEAR’01」
2001年12月28日(金):アクアシティお台場4F・JIMMY’S Eat&Beat・17:30
恒例となった(というか恒例にするらしい)中西圭三inお台場。今回はファンの集いを兼ねてます。
仕事納め日でヒィ~という気分で会場に駆け込みました。
前回のピアノと弦だけじゃなく、今回は圭三バンド勢揃い。狭いのににぎやかだ。
○相変わらずうろ覚え曲目リスト
Woman
You And I
SO BAD
君のいる星
はじまりの虹
たったひとつの愛を
次の夢
Touch of your lips
素敵なことはかわらない
Tickt To Paradise
A.C.E.
非常階段
Choo Choo TRAIN
Timing
Love Song
なんか抜けてる気がするが。覚え切れんわ。前のJIMMY’SとBLITZはしっとり系だったけど、今回はダンサブルだね。
「Woman」「You And I」「SO BAD」「非常階段」あたりがとっても。ここらへんの曲ってCDじゃあんまり聴かないんだけどライブだとやっぱりノリノリになってしまう。
あと、「はじまりの虹」とかやってくれてすごい嬉しかった。なんか好きなんだよなあ。ちなみに「Timing」はやっぱり振りが覚えられません……。
ライブのあとは食事(立食タイプ)と圭三さんとの2ショット写真撮影。
写真撮る時にちょこっと言葉を交わせるんだけど、BLITZでの新曲が聴けなくて残念だ~というと、その場で出だしの部分だけ歌ってくれてちょっとハッピー。
気が付いたら圭三さんとのポラ、もう4枚だかになってるわ……何気にファン歴長い?

コンサート|2004年8月9日(月)16:37|C&T(0)

«
»

中西圭三:011210

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中西圭三:011210
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中西圭三:011210うみのめぐみ

「SOMEWERE IN TIME」
2001年12月10日(水):赤坂BLITZ:19:00
またもや中西圭三のライブです。今年はいっぱい会えて嬉しいなあ。
立ち見は前のJIMMY’Sでこりたので今回はちゃんと着席で。(立ち見と着席二種類あった。)
L列ってつまり12列目ってこと? 近くてよく見える~。前を邪魔する人もいない。幸せ~。
圭三さんも本当に色々思うことがあったらしく、何か妙に訴えかけてくる物がありました。MCがやたら長いしね(笑)。
そういや、MCで沈黙が訪れると、後ろの席の人が「また溜めてるよ~」とか言ってたんだけど、あれってワザと溜めてるわけじゃなく、本当に言葉が出てこなくなってるんだと思う……。ぼ、呆けですか? 圭三さん。いや、そうではなく。
今回のバンド構成は前回のJIMMY’Sの構成(ピアノ・バイオリン2・チェロ)に打楽器(パーカッション)を加えた物なんだけど、打楽器入っただけですごく雰囲気が変わるんだなあ。曲の構成も似てたのにこれまた新鮮に聴けました。
とりあえず曲目リスト~。
○ステキにうろ覚え曲目リスト
月が輝く様に
BLUEWEATER
HIGHER SELF
WOMAN
りんちゃん登場(と言う曲名ではない…)
Why Goodbye
Don’t know mach(???)
かなり長いMC
君のいる星
それぞれの地平線
ACE
眠れぬ想い
次の夢
Here We are(新曲)

こうやってみると本当に曲目似てるなあ。前回来れなかった人の為なのかしら?
でも私のツボにメガヒット曲がいっぱいなので良し。
りんちゃんはステージからではなく、客席横のドアからの登場でした。そのドアは私から三列後ろなだけなのでばっちり見えちゃったわよ。りんちゃん好き~♪♪
しかし、なんかめっちゃ痩せた? この前のフットルースじゃそんなこと思わなかったんだけど……。
そこまでの圭三さんの歌い方が押さえてると言うかささやいてるイメージの歌い方で、りんちゃんに迫力負けするんじゃないかと思ったけど、やっぱりハモってるとこはすごい迫力。圭三さんとりんちゃんのハモリってめちゃくちゃ格好良くて気持ち良いの。ライブでしかこのデュエット聴けないから貴重だったりします。
ハモリって、バランス難しいよね。どうしてもその人の器量が出ちゃうようで。単体で上手くても比較対照があると実力が見えちゃうから。その点この二人はすごい合ってるなあと思います。
「君のいる星」は私の中で特別な曲なので久々に聴けて嬉しかったなあ。この曲より好きな曲は今ではいっぱいあるんだけど、私が圭三さんにハマったきっかけの曲だから。
新曲はもう一度聴きたくて仕方ありません。曲自体はずいぶん前にできていたらしいんだけど、どうしても今回のライブで歌いたくて前の晩に歌詞を仕上げたらしいです。
ちゃんとは覚えていないんだけどたぶん、いつか離れるときが来るまでここいいるよ、って感じの歌。「ありがとう」というフレーズがあってものすごくキてしまった。涙目になったの久しぶりかも。音がすごくとりづらそうな曲だったけど、とても優しい曲でした。
今、頭の「Here We Are」と言うところばかりぐるぐる回ってて困ってます。完全に忘れちゃったら楽なのに……ああ、もう一度聴きたいっ!
ラストは「道」で。この曲も大好き。ホントにツボ曲ばっかりで幸せだったなあ。
なんかホント充実したライブでした。ツアーもいいけど、こういう形で近い距離のライブってやっぱりファンにとっては最高なんじゃないかと思います。

コンサート|2004年8月9日(月)16:25|C&T(0)

«
»

Coming Century:011205

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Coming Century:011205
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Coming Century:011205うみのめぐみ

「Around Asia」
2001年12月5日(水):代々木第一体育館:18:30
カミセンコンサート。なんで、どんどんV6系のパンフが集まって行くんでしょう? 私、パンフは必ず買っちゃうクセがあるので……。
えーと、2階席だったんで小さくしか見れなかったんだけど、色々楽しかったです。
こういうのって、ちょっと離れて外から見ると(←気持ち的にね)かなり楽しいのよね。邪道?
今回はみんな健ちゃんにメロメロにされていたようです。セクシーダンス確かに可愛かったわ。お姉さん小脇に抱えて連れて帰りたいよ。(あの細さだったら実行可能だよな……。)個人的に健ちゃんは写真とかの顔とかはどうでもいいんだけど、動いてるとかなーり可愛いです。うん。
あと、あれね、岡田くんのソロで周りの空気がピンクのオーラで包まれていて面白かったよ。みんなポカーン状態で見とれてたようです。(健ちゃんの場合は「可愛い~っ!」とかって声が飛んでいたのにね。)
今回驚いたことは、夏のVコンに続きカミコンも生で頑張って歌ってたこと。てっきり全部口パクになるかと思ったのに。トニセン曲歌ったときはお姉さんホロリときたよ。頑張ってるんだねえって。(決して上手に歌えてるとは言えないんだけどさ。)
あ、そうそう。あと変なところに感心したのは、手拍子があったこと。いわゆる右と左から両手を打ち鳴らすアレね。こんなところに感心してどうするって感じだけど、V6見てた限りにゃそういう横ノリ運動ってほぼ無かったんですもの……。でも手にはペンライトやらうちわやらみんな持ってるので大きな音にはならないんですけど。
それと今日はラッキーだったのか、トニセン全員も見れたよ。今日だけのゲストだったのかなあ? だったらラッキーですが。
ついでに、会場に向かう途中足をくじきました。いたいです。かなーり痛いです。
ああ、なんだかとっても情けない。どこで怪我したかなんてとても言えないよ……。

コンサート-J|2004年8月9日(月)16:15|C&T(0)

«
»

中西圭三:010930

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中西圭三:010930
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中西圭三:010930うみのめぐみ

「Half moon serenade」
2001年9月30日(日):アクアシティお台場4F・JIMMY’S Eat&Beat
中西圭三1年半ぶりのライブだ!
キャパ200人の極小会場。
どうでもいいからスタンディングはやめてくれ。私は背が低すぎるわけじゃないが、決して高くもないんだよ。
とにかく前半はどんなに背伸びをしても圭三さんのおでこが見えれば良い方で、本気で前方のおばさんとにいちゃん殴り飛ばしたくなった。そりゃ背が高いのは本人のせいじゃないかも知れない。だけど、一番前のど真ん中陣取って何が「背が高いのも気を使うんだよね~」だよ! 神経逆なでしやがって!
……じゃなくて、本題。ライブ内容。
タイトルからわかるように(?)バラードのみのしっとりライブでした。
圭三さんのバラードは生最高。CDなんかじゃこの魅力はわからないよ。初めて生で聴いたときは泣いたもん。
すごい良い声してるんだよな。うっとりです。
しかも、今回のラインナップ、わたしの好みをバッチリ押さえてて、めっちゃくちゃ嬉しかった。
伴奏はピアノとチェロとバイオリン×2の極シンプルなもの。それがかえって圭三さんの歌声を引き立たせてるようで。
ピアノはちょっとジャズ風味にアレンジされてて格好良かったです。
しかも最後のおまけ(アンコールのアンコール?)でアカペラで歌うはずだった「星に願いを」(←ディズニーね)への即興の伴奏にはプロってすげえと感心。あの「星に願いを」が伴奏が入った途端ジャズ風味になっちゃうんだもの。(伴奏は途中から急に入った。アンコール曲が終わって全員引っ込んで、そしたらまた圭三さんだけ出てきて、ホントにおまけって感じでひとりでアカペラで歌い始めていたの。)
次はノリノリ曲でライブをやってくれるそうです。12月くらいに。
ノリノリもバラードとはまた違って楽しいんだよね~。すごく楽しみだったりします
そういや、北野武が見に来ててビックリ。生ビートたけしだ。
それからGacktからの花もあった。どういう交友関係なんだろうねえ?
でもガックンからの花は妖しい取り合わせだったよ……。ススキとかささってるし。
○曲目(うろ覚え~で順不動)
月が輝く様に
英語曲2曲
月の舟
手のひら
君が瞳にしみる
HIGHER SELF
眠れぬ想い
次の夢
それぞれの地平線
BLUEWATER
落日
ONE LOVE
星に願いを(ディズニー)
月の舟ってなんだっけ~?って一生懸命考えてたら、あれだよあれ。池田聡の曲。マッキーもカバーしていた曲。良い曲だよな。

コンサート|2004年8月9日(月)16:10|C&T(0)

«
»

中島みゆき:010926

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中島みゆき:010926
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中島みゆき:010926うみのめぐみ

「XXIc. 1st.」
2001年9月26日(水):大宮ソニックシティ・18:30分
とぅえんてぃふぁーすとせんちぇりーふぁーすと、と読むらしい。中島みゆきです。
実は中島みゆきのコンサートは初めてです。去年は夜会に行ったけど、コンサートとは違うから。
20年弱聴いてて初めてってのも何やら感慨深いですわ。
んで、行った感想としては、「行って良かった」。
こう、歌声に力がある人のコンサートはすごいです。圧倒される。
そして、この人のトークはやっぱり面白いのね。ぽや~としてるようなとつとつとしているような。ラジオのように飛んではいないけど、やっぱり吹き出しちゃうくらい面白い。
そして、ラストのMC。涙が出た。
人はそんな捨てたもんじゃないって思ってるという感じの言葉。こんな言葉にいつも私が中島みゆきの歌から感じているのと同じものを感じた。人間賛歌というか生命への応援歌というか。
よく彼女の歌は暗いとか男いじめ(…)だとか言われるけど、確かにそういう歌も多いけど、そうじゃない芯が強くて包み込むような暖かい歌もいっぱいあって、私はそういう歌が大好きなんです。
○曲目
 あした
 船を出すのなら九月
 悪女
 狼になりたい
 私の子供になりなさい
 空と君とのあいだに
 世代
 帰省
 ホームにて
 囁く雨
 夢の通り道を僕は歩いている
 あのバスに
 樹高千丈 落葉帰根
 夜行
 LOVERS ONLY
 ヘッドライト・テールライト
 地上の星
 月迎え
な~にか足りない気がする&順番違う気がする。題名も間違ってるかも……。
今回は昔の曲もやってくれてました。全部ちゃんと曲がわかってる自分もなんだが。
そうそう、初めてのコンサートと言うのは、そこのコンサート作法というものを知らないので、様子見してるんだけど中島みゆきのコンサートって立たないのね。ちっとも。手拍子も無し。(付けれる雰囲気でもないが。)自分の中ではしっかり盛り上がるのに、立たないで平気なコンサートもあるのだとちょっぴり新鮮でした。
それにしても、なんだ。今回生で見てしみじみ思ったんだけど、彼女の歌い方って格好いい。ポーズとかじゃなくて歌声の話ね。ズドーンと腹にしみます。やっぱ好きだなあ。

コンサート|2004年8月9日(月)16:05|C&T(0)

«
»

V6:010823・24

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - V6:010823・24
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
V6:010823・24うみのめぐみ

「Volume 6」
2001年8月23日(木)24日(金):代々木第一体育館・19:00
二日連チャンで行って参りました。いやー、今回は面白かった。
Jr.の入らない純粋V6だけのステージにほぼ生歌。
生歌が普通じゃないってのがアイドルの悲しいところだけど、今回はバッチリ歌ってくれてました。
ちゃんと上手いのよ。だけど、だからって完璧じゃなくて裏声のところは音量が弱くなっちゃったりで、そういうとこをがまた妙に嬉しい。
(と言うことはやっぱり「歌手」というとらえ方じゃないのか。)
でも、今回はきっちりそうやって歌ってくれたせいか、初めて聴く曲も違和感なくすんなり聴けました。
そういやイノッチが最初の挨拶で「いつもより多く踊るぞ~」「いつもより多く歌うぞ~」と言った時「歌う?」って思ったけど、こういうこと(生歌)だったのネエとしみじみ。
それにしても、最初から最後まで小道具(ローラーブレードとかカートとか)無しで動きっぱなし、そして歌いっぱなし。かなり感心と言うか驚愕と言うか。
途中で(MCとかのタイミングじゃなくて)水分補給していた姿が印象的でしたわ。ホントにヘロヘロって感じなんだもん。
やっぱりリーダーとイノッチの声は良いなあ。上手いし。トニコン行きたくなっちゃったよ。
カミは岡田は上手し。がんばってるな~って。あと、ピアノ本気で上手いのね……。格好良かったッス。
この三人をメインでおっかけてました。私。六人いると誰見てればいいか困るのよね。
他に印象的だったシーンは、グランドピアノ(←岡田が弾いていた)収納の時に開いた奈落がかなり長い時間開いていたので、その前に立った岡田が落ちないか(落ちるか!)ハラハラしたのとか。
健の『X.T.C beat』の時の「say!」の瞬間のポーズとか尻振りとか。
剛くんはスロウバラードなら結構イケるじゃんとか。(アルバムとかでも変にラップなんかにしないでちゃんと歌わせればいいのに。)
イノッチの踊りがやたら大きく見えてほえーとしたとか。
リーダーはやっぱ歌うめえなあ、とか。
あ、博……えーとえーと、えーと?……ま、いっか。
今回は二回行って、最初は上から全体を、二回目はサイドから細かい動きを、見れたのでかなり満足かな。

コンサート-J|2004年8月9日(月)16:00|C&T(0)


»